産み分け情報Navi

できれば産み分けたいと思った時は - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > できれば産み分けたいと思った時は

できれば産み分けたいと思った時は

「やっぱり男の子がほしい」「女の子を産みたい」「できれば産み分けたい」と、これから出産を考える方なら、一度は望んだ事があるのではないでしょうか。
ですがこの産み分け法、科学的な根拠が十分ではないというのが従来の見解でした。
それが、まだ完全とは言い難いですが、科学的根拠に準じた産み分け法が少しずつ明確となり、今では産み分け法を行なう産婦人科も存在していますので、以前と比較してみると希望を感じるものといえるでしょう。
最近注目を浴びつつある産み分け法について、紐解いていきましょう。

ペーハー“pH"を「潤滑セリー」で調整します。
一般的に女の子を産みたい場合「ピンクゼリー」や「ハローベビーガール」を利用する事が多いようです。
こちらの2つは使い方に違いはあるものの、女の子の精子が上手く着床するように膣内の状態を弱酸性にキープする必要があります。
そのサポートのためにゼリーを専用容器から膣内に入れます。
「ピンクゼリー」は中国製で、使用する毎に挿入する専用容器を殺菌洗浄して、毎回ゼリーを湯せんして使います。
一方「ハローベビーガール」は日本製で、1度だけの使い切りタイプです。
容器にはすでにゼリーが入っており、衛生パックに入っていますので、使いたい時にすぐに使用できる特徴があります。

どちらも通信販売で手に入れられますし、金額もさほど変わりませんが、ピンクゼリーは4回分、ハローベビーゼリーは7回分の量となっています。
成分としてもあまり変わりはないようですので、どちらがご自分にとって使いやすいかを基準に選んでみると良いでしょう。
そして膣内環境を調整する事で、産み分けたいという希望に一歩近づける事でしょう。

top