産み分け情報Navi

グリーンゼリーでの産み分け法は - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > グリーンゼリーでの産み分け法は

グリーンゼリーでの産み分け法は

膣内にジェルのようなものを入れて酸性状にして、男の子の染色体の「Y精子」を弱めて、女の子の「X精子」を活発化するのが「ピンクゼリー」ですが、この理屈と同様に作られたのが「グリーンゼリー」です。
このゼリーを利用した産み分けの確率は7~8割といわれています。
産婦人科などの病院の医師に相談後処方されますが、対応してくれる病院そのものはさほど多くないのが現状です。
それ以外にはネット通販で購入ができます。

グリーンゼリーは膣内部をアルカリ性へ変化させて男の子の精子を活発化させるものです。
その理由は、性別を持つ精子の特徴があるためです。
男の子の精子は「アルカリ性」の環境で活発に動きますが、酸性では弱ってしまいます。
一方女の子の精子は「酸性」の環境で活発になりますが、アルカリ性では弱くなります。
普段の膣の内部は、酸性の状態となっていますが、「排卵日」の場合はアルカリ性へと傾くのです。
つまり、膣内は常時安定していないというわけです。
この特徴を利用して、男の子の産み分けをサポートをしてくれるのが「グリーンゼリー」なのです。
さらに、「Y精子」は1日で死んでしまい、「X精子」は3日程の寿命がありますので、排卵日の当日に「グリーンゼリー」をあらかじめ膣内に入れておき、性交渉を行なえば、男の子を授かる確率が高くなるといえます。

現在でも100%完璧に産み分けられるというものはないのですが、全く対処もしないよりは希望が持てるといえます。
一般的に「Y精子」が「X精子」よりも数が多いといわれていますので、「グリーンゼリー」を利用して、性交渉のタイミングに気を付けることで、確率をいつもよりも上げるサポートができるでしょう。

top