産み分け情報Navi

ピンクゼリー利用での産み分けは - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > ピンクゼリー利用での産み分けは

ピンクゼリー利用での産み分けは

女の子を望んで「ピンクゼリー」を使用したときの、産み分けの確率が8割程度と言われています。
比較的高い割合かと思いますが、残念ながらまだ100%の産み分けができるというものは存在しません。
ですが、今までの見解は「産み分けなんてできるわけがない」というのが常識でしたから、その時代から見ると一歩前進したといえます。

このピンクゼリーは、膣内の状態を酸性にする働きがあり、性交前に膣内に入れておくことで、女の子になる「X精子」が活発化して女の子を授かりやすい環境に整えます。
通常、女性の膣内は体外の菌への耐性のため、酸性の環境になっています。
その状態が変化するのが「排卵のとき」です。
排卵日は膣内がアルカリ性へと変化します。
そのため、膣の内部は常に安定しているわけではないのです。
さらに男の子になる精子が「Y精子」で女の子の精子が「X精子」ですが、それぞれに違いがあります。
Y精子はアルカリ性で活発に動きますが、酸性では弱って死んでしまいます。
X精子は酸性で活発に動きますが、アルカリ性では弱くなってしまいます。
そこに目を付けた商品が「ピンクゼリー」なのです。

使用方法としては病院によって説明に違いがあるものの、大体排卵日の2日前に利用するのが多いようです。
その理由は、女の子の精子を活発にするピンクゼリーのサポートと、女の子を授かりやすいタイミングでの性交渉をする条件が合わさり、女の子を産む確率を高くするのです。
このピンクゼリーを手に入れる方法は、ネット通販で購入できますが、産婦人科などの病院でも
販売しています。

top