産み分け情報Navi

ゼリーを利用した産み分け法とは - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > ゼリーを利用した産み分け法とは

ゼリーを利用した産み分け法とは

産み分けを希望する人がよく利用するもので、「ピンクゼリー」と「グリーンゼリー」があります。
購入方法は、「SS研究会」に加盟している婦人科系の病院での購入か、ネットで購入もできます。
「ピンクゼリー」は女の子を、「グリーンゼリー」は男の子を希望するときに使います。
これは、膣内環境のペーハー(pH)の調整のために性交前に膣の中に入れるだけですから、比較的に簡単に使えます。
その理由は精子には性別があるためです。

「X染色体」なら女の子が「Y染色体」なら男の子の赤ちゃんになります。
そして「X染色体」は酸性に強くて「Y染色体」だとアルカリ性に強いという違いがあります。
それぞれの精子の特徴に目を付けたものが「ピンクゼリー」と「グリーンゼリー」で、これを利用することによって膣内を酸性・アルカリ性へと調整するのです。
これ以外の商品に「ハローベビーゼリー」があります。
これも女の子用の「ハローベビーガール」と男の子用の「ハローベビーボーイ」の2種類があります。
この商品は、価格もお手頃で何より「日本製」という安心感がありますし、何を使われているのか全成分を公開しています。

膣内のペーハー(pH)は一般的に4,5ph位の酸性の環境といわれています。
排卵日が近づいてくると、少しずつアルカリ性に変化するという特徴があるのです。
この膣内のペーハーの状態によって、どちらが妊娠しやすいのかの確率が変わってきます。
希望の性別の赤ちゃんを望むなら、その特徴を生かしてみると良いでしょう。
あと女の子の精子は「3日程の寿命」で男の子の精子は「1日のみの寿命」という違いを生かすことも大切です。
女の子を希望するなら排卵日の2日前に、男の子を希望するなら排卵日当日の性交渉が大切といわれています。

top