産み分け情報Navi

パーコール法の産み分けは可能か - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > パーコール法の産み分けは可能か

パーコール法の産み分けは可能か

「元気に産まれてくれたら、どちらでもいい」という思いが、赤ちゃんを望む方にとって一番の希望でしょう。
ですが男の子・女の子のどちらがほしいかを考えるのも、お子さんを望む様に自然なことといえるものです。
最近注目されている「産み分け法」はいくつかありますが、不妊治療と併せて実践する「パーコール法」と呼ばれる方法を行なってくれる病院もあります。
できれば自然な形で妊娠したいと望んでいる方には、あまり関心のない手段といえますが、人工授精をお考えの方には同時に高い確率で「産み分け」を望める方法です。
この方法も完璧とはいえませんが、産み分ける手段がないよりは一歩前進できるものといえます。

まず人工授精とは、男性からの精子を注射器など用いて、直に子宮へ届けるというものです。
ちなみに精子には「男の子の精子」「女の子の精子」があります。
パーコール法はその精子を「男の子の精子」「女の子の精子」と分ける処理を施して、人工授精させることで、産み分けに一役買います。
なお、この方法を受ける費用は病院で様々です。
おおよそ1度の施術で2万円から、上は5万円程といわれています。
パーコール法の残念な点を挙げますと、たとえば産み分けたいと希望があれば、当然精子を分けて、希望の性別を持つ精子を使用する必要が出てきますので、実際に利用される量は1/2程となります。
精子の数が少なくなるため、妊娠する率がどうしても低くなってしまいます。

さらにパーコール法は精子をパーコール液へ混入し、遠心分離機で精子を男の子・女の子に分けます。
これは、精子が持つ性別の違いで重さが違うことを利用して分けられます。
この方法での産み分けの成功確率は70%位が一般的のようです。
女の子の精子は重さがあって安定していますが、男の子の精子は重さに安定感がないために、この方法での産み分けは女の子の方が対応しやすいといわれています。

top