産み分け情報Navi

産み分けできる確率ってどの位 - 産み分け情報Navi

産み分け情報Navi > 産み分けできる確率ってどの位

産み分けできる確率ってどの位

お子さんを望まれた時に、いつ・どちらを授かるかは予想もつかないものです。
妊娠をしてある程度育ってきてから、どちらを授かったか病院で確認はできます。
しかし「男の子がほしい」「女の子がほしい」と希望した子を、必ず授かるというものではないため、いわば天任せなところが今までの常識でした。
ここ最近さほど多くありませんが、産み分けで対応してくれる病院も出てきました。

病院で行なう事は「着床前診断」と呼ばれるもので、これにより男の子の産み分け確率は9割ほどといわれています。
逆に女の子を希望しているのなら、市販されている「潤滑ゼリー」を使用する方法があります。
「ピンクゼリー」ならびに「ハローベビーガール」で女の子を産み分ける確率は、大体8割ほどといわれています。
潤滑ゼリーとは精子に性別があり、子宮内で着床しやすい環境が性別で異なる為、この違いに注目して作られたものです。
女性の膣内環境は、体外からの雑菌を寄せ付けない様に「弱酸性」に保たれていますが、男の子の精子は「アルカリ性」での環境で、女の子の精子は「酸性」の環境で活発に行動します。
そのどちらか望んでいる性別に合った膣内のペーハーに整えてくれるのが、潤滑ゼリーというわけです。

こうして膣内のペーハー(pH)を調整してくれるサポートをするため、以前と比べても希望したお子さんを望める環境になりました。
100%とは言い難いですが、なにも手段がないというよりは期待できるものでしょう。
さらに、この潤滑ゼリーはたとえ口に入ってしまったとしても害がないため、誕生する待望のお子さんにも安心なところが嬉しい点です。

top