産み分け情報Navi

お子さんを望んだ時、どちらがほしいか悩んだら - 産み分け情報Navi

お子さんを望んだ時、どちらがほしいか悩んだら

お子さんを望んだ時“男の子"か“女の子"のどちらがほしいか自然と考えてしまうものです。
ましてや最初のお子さんともなると期待感が強くなってしまいます。
一昔前までは、「いくらほしいといっても、産み分けられるわけがない」というのが定説で、希望があってもいわば神頼み的なものでした。
ですが尊い命である事に変わりはありませんので、どちらであっても、生まれてきてくれた事に感謝するものです。

ですが近年、従来では不可能と思われてきた「産み分け」に一役買ってくれる方法が、注目されています。
産み分けの方法にはいくつかの種類があります。

まずは病院で行なってもらう方法です。
1つ目が「体外受精をする着床前診断」です。
この方法は、主に男の子がほしい際に適した方法の1つで、確率として9割程といわれています。
着床前診断とは、採取した精子の中から「男の子か女の子のどちらか希望の精子」を選んで着床させるというものです。
実際には外国で行われている事が大半で、費用は10万円以上発生します。

2つ目は、膣内のペーハー(pH)調整する方法です。
この場合は「潤滑ゼリー」と呼ばれているものを利用するのですが、男の子用の潤滑ゼリーを使用する事で期待できますが、着床前診断の方が期待値は大きいといわれています。
一方女の子がほしい時は、着床前診断、女の子用の潤滑ゼリー(ピンクゼリー)を利用します。
ですが、利用しやすい点と自然妊娠を望む方が多いため、潤滑ゼリーを使用した産み分け方法を取り入れられる事が、日本では一般的の様です。

最後に「中国式産み分けカレンダー」です。
男の子・女の子の生まれた記録から統計を出して、作成されました。
科学的な根拠は分かりませんが今の中国でも利用されている、13世紀の中国で生まれた方法です。
今回紹介した内容は決して完璧なものとはいえませんが、全く方法が無いよりは少しでも期待に近づける手段の1つといえるのではないでしょうか。

top